FC2ブログ
        

ドゥオーモ

2014/ 07/ 22
                 
〈ミラノ大聖堂 Milan Cathedral (Duomo)〉


ミラノ⑤
 2014年6月22日 ドゥオーモ

ドゥオーモに行ったら、広場から見上げるだけでなく、屋上まで足を運びたいものです。
その容姿は、全長158m、翼廊の幅93m、全高108.5mの世界最大級のゴシック建築で、 聖堂としてはローマのサン・ピエトロ寺院に次いで2番目の1万1700㎡の広さを誇る壮大な建物です。内部は、52本の巨大な石柱が並び、ゴシック建築そのものの厳かな雰囲気が漂っています。135本の尖塔、2245体の彫刻との融合美はまさに圧巻の一言です。

屋上までは、階段を使うか、エレベーターを使います。屋上昇降口は、9:00~17:20までの間、利用出来ます。エレベーターは10ユーロ、階段を上り下りしても、5ユーロの料金が必要です。
 
着工されたのは1386年でしたが、度重なる戦火で何度も中断され、最後に残った西正面部が完成したのは1813年です。イタリアを征服したナポレオンが突貫工事を命じて、ようやくにして大聖堂の機能を有する建物としました。
その後も、引き続き19世紀を通じて、尖塔と全ての装飾の仕上げが行なわれました。
建築の最後を飾ったのが、「尖塔」です。実に着工後500年経って、ドゥオーモが完成したのでした。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント