FC2ブログ
        

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

2014/ 07/ 30
                 
ミラノのガッレリア

 ミラノを象徴する美しいアーチ型ガラス天井のガッレリア(アーケード)は、「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」という名称がつけられています。
 4階建てのガッレリアには、カフェ、レストラン、ブックショップなどは勿論のこと、有名なオートクチュール店や、高級ファッションブランド店(グッチ、プラダ、ルイ・ヴィトンなど)が、店を連ねている、人気スポットです。
 2つのアーケード(8角形の建物に2つのアーケードが交差する)に覆われ、ミラノドゥオーモ広場と、ミラノスカラ広場へ通じています。

ガッレリア入口
 ガッレリア入口 (2014年6月22日)



ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世像
 騎乗のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世像  (2014年6月22日)

(Vittorio Emanuele II di Savoia、1820年3月14日 - 1878年1月9日)は、サルデーニャ王国の最後の国王(在位:1849年 - 1861年)、のちイタリア王国の初代国王(在位:1861年 - 1878年)。サルデーニャ王カルロ・アルベルトとトスカーナ大公女マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナの長男としてサルデーニャ王に即位する。父から引き継いだイタリア統一戦争に終止符を打ち、リソルジメントを成し遂げたことから、王国の国父( Padre della Patria)と呼ばれた。
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は統一イタリアの象徴として国民から敬愛され、王の頭文字 "VERDI"(Vittorio Emanuele Re d'Italia, ヴィットーリオ・エマヌエーレ・レ・ディタリャ、 イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ)と呼ばれた。奇しくもイタリア・ロマン派の音楽家ジュゼッペ・ヴェルディの名前と合致したことから、統一戦争の頃には両者を讃えて「"viva! verdi!"」の言葉がイタリア全土で流行した。
〔「ウィキペディア」による〕
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント