FC2ブログ
        

サケの遡上・採卵①

2014/ 11/ 17
                 
 サケの遡上
 2014年11月8日(土)
 利根大堰


 ※「高画質視聴」をクリックすると有料コーナーに導かれていきます。
 ⇛画面中央の「▷」をクリックしてください。




[広告] VPS

 






                 
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ9- 

2014/ 11/ 17
                 



 坂東太郎(利根川)の鮭の便り、鮭の産卵シリーズとして9回目の今回をもちまして完了です。
 悠久何千年、何万年という人間の歴史より遥かに遠く深い鮭のヒストリーが、坂東太郎の滔々と流れる水の中に、今も息づいています。


 8回目の利根大堰「サケの遡上・採卵観察会」(独立行政法人水資源機構利根導水事業所・行田市.協力:埼玉県農林総合研究センター水産研究所・群馬県水産試験場)は、2014年11月8日(土)、1,500人の人たちに囲まれて開かれました。

 ・麻酔をかけて、鮭をおとなしくさせてから採卵観察会の会場に運びます。
 鮭の体を拭き清めます。
  ・お腹を擦ってメスから卵、オスから精子をそぎ落とします。
  ・丈夫で元気な子孫を残すために、メスは一尾の卵を、オスは二尾の精子を使います。
  ・採卵、海水を卵にそそぐ、放精という順序がキチンと決まっています。
・白濁して晴れて受精卵となります。
※いつも、採卵は3回とのことだそうですが、もう1回見たいという希望に応えて頂き、4回の採卵となりました。
  
採卵③
 採卵

卵④
 卵に水をかける

放精⑤
 放精

白濁⑦
 白濁し、受精となります。

※ (念のためですが) 役割を終え、麻酔から覚めた鮭たちは、利根川に還されます。


 クイズのQ&Aが続いています。
 ・・・「行田古代ハスの展望タワーの高さは50メートルですが、ここの事業所に設置されているパラボラアンテナの鉄塔と比べて、どっちが高いですか。」 ・・・「答えは、ここの鉄塔です。高さは75メートルあります。」・・・
 熱気を帯びた最終プログラムは、終了予定時刻を30分弱ほど過ぎたころ、大団円を迎えました。




                 
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ8- 

2014/ 11/ 17
                 

 
 坂東太郎(利根川)の鮭の便り

 坂東太郎(関東の利根川)、筑紫二郎(九州の筑後川)、そして四国三郎(四国の吉野川)と、いつだったかの小学校の教科書に載っていたことがありました。
 鮭が遡上する川の南西域限度となっているのが、坂東太郎の異称を誇る日本一の領域面積を持つ利根川です。

 11月8日の土曜日、利根大堰の『大堰自然の観察室』※の広場で、「サケの遡上・採卵観察会」が開かれました。
(※土曜、日曜も含めて毎日8:30~17:00の間、第1号魚道を通る魚たちを窓越しに観察することが出来ます。
広い駐車場があります。車を使う場合は、独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所の住所(埼玉県行田市大字須加字船川4369)と電話番号(048-557-1501)を参照してください。事務所から徒歩10分ほど、車で3分ほどの、武蔵大橋の袂の利根川河川敷に位置したところに「観察室」と「駐車場」があります。→なお、事務所は、土曜、日曜、祝日は休日となっていますので、所内の駐車場は利用できません。)

 利根大堰では、毎年鮭の卵を採卵します。放精し、受精した卵が、3か月から4か月経って稚魚になると、同じ場所で放流が行われます。
 鮭の子供たちは、ここから利根川を154km下って、太平洋にたどり着きます。
 そしてまた、大海原に向かって旅立っていきます。
 何千キロメートルの旅程を経て2年から6年後には、鮭がまた同じところに回帰してきます。
 

会場の旗
 今年で8回目を数える、利根大堰 サケ遡上・採卵観察会。1,500人の人が訪れました。
 
サケのメス
 サケのメス

サケのオス
 サケのオス ・ハナが曲がっていて、メスに比べていかつい顔をしています。





                 
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ7- 

2014/ 11/ 16
                 

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ7- 


鮭の遡上

 昨年、魚道を遡上する鮭を窓から眺めることができましたが、俯瞰するポジションでの撮影は出来ずじまいでした。
 今年は採卵会の観察と合わせ、魚道を通る鮭を上からみた位置でカメラにおさめることが出来ました。
  鮭を一時的にプールするために魚道に「かえし」という柵を設けるのですが、鮭はそのかえしを飛び越えようとしてジャンプします。繰り返し々跳躍する姿に、フルサトに帰り子孫を残すという本能の神秘性を垣間見る思いがしました。


「サケの遡上・採卵観察会」於:利根大堰.時:2014年11月8日(土)
 (第1号魚道)

②-2

⑨

③

⑤


                 
        

 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ6-

2014/ 11/ 15
                 
  
 サケの遡上・採卵観察会利根大堰2014 鮭の産卵-シリーズ6-

 2013年12月上旬、利根大堰上流50km先の前橋市郊外の利根川では、およそ9千尾の鮭の姿を見ることができました。今年の遡上数はどれくらいになることでしょう。



 鮭の遡上と魚道

 利根大堰は、12門のゲートと3本の魚道が設けられています。
 「サケの採卵会」開催時は、特別許可のもと1号魚道に「かえし」を設け、一時的に遡上を止めて鮭を魚道にプールします。

サケ①


採卵と放精の受精が終わると、利根川に還します。

 この1号魚道では、公開期間中、鮭の遡上の姿を自由に見学することができます。
         


サケ遡上見学④


サケ遡上見学②
  

サケの遡上1号魚道③