FC2ブログ
        

原馬室獅子舞縁起

2016/ 07/ 18
                 


  ご縁起口上、鴻巣市に伝承される獅子舞では、広田、小谷、原馬室の三カ所で聞く機会がありました。
  広田のささらは、「川里村史」から転記し手元に残しましたが、小谷のささら獅子舞のご縁起口上は、今のところ記録する機会を得ていません。
 昨年8月23日の日曜日、権現氷川神社で午後3時から始まった原馬室祭典獅子舞棒術を始めてみた折に、そのいわれを知ることとなりました。
 ここでは最初とお仕舞のところを、記しておくことに致します。(原馬室獅子舞略縁起〈写〉一巻 〈原本縦28cm、横15m〉より引用)


 《夫れ獅子舞因縁の事は三国一伝の所来也 先此獅子は本朝日本の獅子に非す 亦大唐の獅子にも非す 天竺狐山といふ山あり 此山に住む獅子なり 一切獣の王とする 故に獅子王となす  ・・・ 》 

 《 ・・・ 又天照太神天の岩戸に入り給ふを神神の神楽ヲ以て引出しもふす躰を表するなり 其より日本明らかに成りて目出度国と礼拝するなり 是偏に天地の御恩を今繁昌也 其レ過き恋慕も究り人間の一期も過きれハ切躍といふ 躍あけばち一本ハ カツくやうに天を指し頭を下げ三度礼拝する 是単に天地の御恩と人に知られ父母の御恩天地の御恩 衆生の恩 此三恩三度 礼拝するなり
 夫れ歌ハ庭をかためる方を固め神の始まり 其後ハいろいろにうたうへし 万事余の巻に記す
  可秘可秘穴賢

  天正二申歳 五月吉日
        山本右京助    
        橋本市左衛ヱ門

 馬室郡
  藤井孫右衛門殿

 右我家為重宝 秘伝之一巻

   因乞村民模写之
   第三十二代(藤井真人)

 明治二十七年十月一日
   藤井襄行義   》




                 
        

原馬室の祈祷獅子舞  440年の伝統 

2016/ 07/ 17
                 


 獅子頭の羽は、東天紅の尾羽を用いていますが、その鶏を飼っている方が、愛宕神社の近くに住んでいることや、 原馬室獅子舞のご縁起は、8月の祭典獅子舞の冒頭のみに口上されること、注連縄はもともと「八綯え」で太くて立派なものだったのが、いつのまにか「四綯え」になってしまったことなど、古老に教えて頂きました。
 神社では左綯えが一般的と思い込んでいましたので、縄綯えは、左綯えですか、右綯えですか、と、念のための質問を忘れていましたけれど、現地に行ってこその良い学習となりました。

 

①原馬室の祈祷獅子舞20160717 注連縄
 愛宕神社


 奉納舞が始まる前に、私たちにも、御神酒が振るまわれました。

②原馬室の祈祷獅子舞20160717 御神酒

 奉納が終った後、老若男女の皆さんが獅子の前に歩み出て、魔よけのため「獅子舞に頭を噛まれて邪気を食べて頂き」、「悪疫退散、家内安全」のご利益を頂きました。

③原馬室の祈祷獅子舞20160717 魔除け



 原馬室の祈祷獅子舞を、初めて目の当たりにすることができました。

④原馬室 愛宕神社 祈祷獅子舞 20160717
 愛宕神社 祈祷獅子舞 (ちょっとの雨が降り始めました)

 何匹かのアブラゼミが鳴き続けていました。

⑤原馬室 愛宕神社 祈祷獅子舞 20160717
 愛宕神社 祈祷獅子舞  (小雨もいつのまにか上っていました)


 愛宕神社、雷電社、そして観音堂の3か所での奉納舞を見終って、家路につきました。


⑥雷電社 祈祷獅子舞 20160717
 雷電社 祈祷獅子舞

 一匹のミンミンゼミが突然鳴き始めました。

⑦雷電社 祈祷獅子舞 20160717
 雷電社 祈祷獅子舞

⑧雷電社 祈祷獅子舞 20160717
 雷電社  祈祷獅子舞




⑨観音堂 祈祷獅子舞 20160717
 観音堂 祈祷獅子舞

 アブラゼミも、ミンミンゼミも鳴いていない静かな境内でした。

⑩観音堂 祈祷獅子舞 20160717
 観音堂 祈祷獅子舞

⑪ 観音堂 祈祷獅子舞 20160717
 観音堂 祈祷獅子舞



 きょう、7月17日の一日、このあと、原馬室たんぽぽ翔裕園、川端神明社、谷津不動尊、馬室小学校、あしたば第二作業所と続いた後、権現氷川神社、野宮神社、氷川第3公園、大栄団地公園、あたご公民館、松原小学校、小松原神社、そして納神宮となっています。
 午前9時から、午後6時まで延々と、16か所での奉納舞です。まことに並はずれた恐れ入る行程です。
 


 「原馬室の獅子舞・棒術」としては、8月の祭典獅子舞が広く知られています。
 五穀豊穣・天下泰平を願い、今年は21日の日曜日に、午後3時から愛宕神社、午後5時から観音堂で奉納されます。
 
 棒術は7月の祈祷獅子舞では行わず、8月の祭典獅子舞の前に、「小太刀」と「六尺棒」、そして「真剣」を用いて行います。
 起源は獅子舞(天正2年〈1574年〉)伝授より古く、鎌倉時代からの伝承と言い伝えられています。



                 
        

原馬室獅子舞棒術 氷川神社 2015年8月23日

2015/ 08/ 27
                 
 原馬室獅子舞棒術 氷川神社 2015年8月23日


原馬室獅子舞棒術 ⑦権現氷川神社20150823
                 
        

原馬室獅子舞棒術 権現氷川神社

2015/ 08/ 27
                 
2015年8月23日(日) 原馬室獅子舞棒術 権現氷川神社

⑩ 20150823 原馬室獅子舞棒術 権現氷川神社    
                 
        

 原馬室獅子舞棒術 2015年8月23日(日)

2015/ 08/ 24
                 
 

 埼玉県指定無形民俗文化財
  原馬室獅子舞棒術保存会


 今年の『祈祷』は、7月の何日に奉納されたのでしょうか。
 民俗芸能としての、各戸巡りの祈祷獅子舞でしたが、戸数が増えたことなどに伴い、昭和40年(1965年)以降は、観音堂を後地区として、愛宕神社、雷電社、野宮神社(※)、氷川神社、小松原神社の五社の一つが毎年担当区となり、各戸巡りの伝承はなくなりました。
 (※御由緒の冒頭には「野宮神社」と表記されていますが、、文中には「野々宮神社」とも記されています。神社境内の石柱や額には「野宮神社」となっています。また、地元では「野々宮神社」が通り名となっているようです。なお、観音堂の説明書き文中には「野宮社」と書かれていることを付記しておきます。)

 獅子舞の持つ強い力を借りて悪疫を退散させるという『はらい』の獅子舞では、獅子によってはらわれた厄は、納神社における『荒舞』によって落とされます。


 原馬室獅子舞棒術は、今から441年前(天正2年、西暦1574年)から始まったといわれています。
 家内安全、悪疫退散、五穀豊穣を願う、8月の『祭典』は、『獅子舞』と『棒術』の演技が神前に奉納されます。
 
 以前は8月17日、18日の2日間にわたって観音堂と、五社(愛宕神社、雷電社(※)、野宮神社、氷川神社、小松原神社)で、奉納されていましたが、昭和47年(1972年)から、8月18日近くの日曜日だけとなりました。
 会場も、愛宕神社、雷電社、野宮神社、氷川神社の四社のうちの一社と、後地区の観音堂を組み合わせた2か所となっています。
 (※観音堂の説明書きには、「野宮社」と同様に、「雷電社」と書かれていたので、原馬室3511地番の「雷電社」を調べたところ、ヒットした何れも「雷電社」の表記だけで「雷電神社」という書き方は皆無でした。鴻巣市には、別地区に『雷電神社』がありますので、誤用されることがないので助かります。なお、滝馬室と原馬室にはそれぞれ『氷川神社』があります。馬室が、原馬室と滝馬室に分かれる前の時代には、この二つの『氷川神社』の区別をどのようにしていたのか、興味を持ちます。滝馬室の「氷川神社」は、流鏑馬の行事をこんにちに伝えています。)
 
 獅子舞は、法眼獅子(男獅子)、中獅子(女獅子)、後獅子(男獅子)の三頭と、花笠、笛方、歌方で構成されていて、五穀豊穣、天下泰平を祈願して奉納されます。
 
 会場(舞庭)によって演目が異なりますが、後地区の観音堂では、33(※)の演目すべてが奉納されます。

 〔(※)観音堂の説明書きには、「30の演目」とありましたが、ここ氷川神社で、紋付き袴をきこしめした開会をつかさどった役員のお話の中で、「33の演目」と説明されていましたので、これからは「33の演目」とします。なお、念のためにその役員の方に直接伺って、「33の演目」が正しいですねとの問いに対して、肯いて頂けました。〕


 この日は、午後3時から1時間ほどの、権現氷川神社での、奉納舞(棒術剣術・獅子舞)だけを観て、帰途につきました。





原馬室氷川神社獅子舞棒術20150823①


原馬室氷川神社獅子舞棒術②20150823


 「真剣が宙に舞う」演舞の時は、フラッシュ撮影禁止です。と、スタッフの方が予め話した言葉が印象に残っています。そういったさなか、フラッシュの発光が、2、3ありました。多分、デジカメでオート撮影にセットしているからと思いました。私自身は、つい1か月ほど前に、自動からoffに切り替える操作方法を、Tさんから教えてもらっていたので、事なきを得ましたけれど。

原馬室氷川神社獅子舞棒術③20150823 原馬室氷川神社④獅子舞棒術20150823


 午後5時からはじまる後地区観音堂の、「原馬室獅子舞棒術」、今回は観る機会を得ませんでした。次に譲ることにいたします。