FC2ブログ
        

25th かわさとフェスティバル 2014 当日  

2014/ 11/ 10
                 
  25th かわさとフェスティバル 2014 当日       


弱雨でスタートしたフェスティバルでしたが、午前11時を過ぎたあたりからは雨が止みました。

コピー - 052

053.jpg


 ハッピを着込んだ地元の若い生徒たちが行き来しています。彼ら彼女らがここかしこにいるだけで、会場の雰囲気を和やかにします。この企画はアタリですね!
 勿論、ハッピを着用しているのは、若い人たちばかりではありません。前々から着こなしている皆さんは、常連さんの方々ばかりとお見受けしました。

③
 消火器体験

④  ⑤

⑥

⑧

⑨
 語らい・・・



                 
        

25th かわさとフェスティバル 2014

2014/ 11/ 07
                 
25th かわさとフェスティバル 2014

 宮城県南三陸町のホタテ販売が出店されるそうです。
 こうのす花火大会実行委員会の公式サイトに載っていました。

 今年で25回を数える「かわさとフェスティバル」は、11月9日(日)、午前9時から午後3時まで、川里中央公園・多目的グランド(鴻巣市関新田1800.Tel 048-569-1763)で開催されます。雨天決行とありますが、当日の空模様はどうでしょうか。昨年は、当日雨の予報だったのですが、天気予報は外れて、雲の間からお日様も顔を出したお日和となりました。
 お天気に左右されないための工夫の一つでしょうか、「熱気球乗り」が、今年のプログラムにのっていないようです。(もしかしたら、私が見落としているかもしれませんが・・・)

メイン会場では、メットライフさんのご厚意により、今年もプレゼントがあります。
 同じ会場内で、
 無料のもちつき体験は、午前11時からと、午後1時からと、2回あります。
 おいしいお餅の販売もあります。
 花の無料配布は午後2時からです。
 花の直売もやっています。

 無料コーナーで、いつも行列のできる「ミニSL」。本物そっくりのミニチュアSLの、蒸気をはきながらのシュツシュツポッポは、大人にも人気のコーナーです。
 埼玉県こども動物自然公園からやってくるかわいい動物たち、今年はどんな顔ぶれとなるでしょう・・・。
 スタンプラリーで、参加賞ゲット! 写真付き手形色紙プレゼントも、見逃せないですね。

 私たちの生活を守る催しも、フェアに彩りを添えます。
 消防救急フェア、
 パトカー・白バイの展示、
 防災ヘリ救助訓練、
 電気自動車の展示&廃油回収。

 有料コーナーもあります。
 ロードトレイン、そして、ふわふわドーム。

 ステージでは、9時からいろいろな催しが。
 フリーマーケットも掘り出し物がいっぱい!
 今年の模擬店の一番人気は?!

 会場上空では、パラグライダー飛行が、来場者の目を楽しませます。

(11月8日追記:フェア開催中のお天気予報は曇。午前中に伺いたいと思います。)


表①
表②


⑧-2



裏②
                 
        

かわさとフェスティバル2014開催

2014/ 10/ 17
                 
 市制施行60周年記念
 かわさとフェスティバル2014

 11月9日(日)  9時~15時
 川里中央公園及び川里農業研修センター
 問い合わせ/実行委員会事務局 (川里支所内地域グループ内・☏048-569-1111)


かわさとフェスティバル2014
                 
        

24th  鴻巣・かわさとフェスティバル ⑥

2013/ 11/ 12
                 
 防災ヘリによる救助デモンストレーションは、昨年に続き「埼玉県防災航空隊」のご協力により今年も「かわさとフェスティバル」に華を添えました。

・テニスコートで、定刻通り午後1時からデモンストレーションが始まりました。
 防災ヘリ①

防災ヘリ②

防災ヘリ③

防災ヘリ④



                 
        

24th かわさとフェスティバル ⑤

2013/ 11/ 11
                 
 いろいろなお店が出ています。
 昨年は出店されていなかった「ドネルケバブ」、今年は出ているかなと期待したのですが、会場を一巡しても見つかりませんでした。
 お土産に持ち帰ろうと思っていましたので、ちょっぴり残念に思いました。


たこ焼
 「大蛸たこ焼」の文字が目にとびこんできました。
 今回のお土産は、こなものの定番の一つ「たこ焼」にしました。
 このお店の「蛸」のサイズは、ビッグサイズでビックリしました。
 宏有さんも、「大きいネ」と褒めていましたので、やはり相当な大きさだったのです。こんなに大きいタコの切り身が入ったたこ焼は、今どき、ホントに珍しかったです。
 二人で美味しくいただきました。
屋台「たこ焼」②  たこ焼②
(写真に撮ることを予め了承を得ています)


 次の「餅つき」はいつするのか、決まっていないようです。やるのかどうかも覚束無い返事です。

 昼時になりました。
 既に「じゃがいもバター焼き」は売り切れです。



広島風お好み焼 
 「広島風お好み焼」の屋台が目にとびこんできました。
 お店の人の手の動きを追ってみると、あちこちの出店で見る広島お好み焼きと作る手順が随分と違うことに気づきました。
 「作っているところを撮っていいですが?」と伺ったところ二つ返事で了解してもらいましたので、早速カメラを向けました。
広島風お好み焼①

広島風お好み焼②  広島風お好み焼③

広島風お好み焼④  広島風お好み焼⑤

広島風お好み焼⑥  広島風お好み焼⑦

広島風お好み焼⑧  広島風お好み焼⑨

広島風お好み焼⑩  広島風お好み焼⑪

 写真・動画で撮ってみて感じたことは、「空気を入れて逃さない」ということ。
 圧さない、掻き回さない、空気と湯気をいれたまま比較的中火で時間をかけて「焼く」ことで、ふっくら、ほっくり、やさしい感触で旨味を引き出している・・・と、まあ、そんな思いを持ちました。
 屋台で一般的な「お好み焼き」の作り方と異なったところを目の当たりにしたことから得た、 「調理の仕方」
 いろいろあるんだなあと、あらためて感じ取ったひと時となりました。