FC2ブログ
        

阿刀田高

2013/ 04/ 27
                 
言葉の海へ こぎ行く

 4月は

 若い人たちのあいだで三浦しをんの小説〈舟を編む〉がよく読まれているらしい。旧聞ながら昨年の本屋大賞受賞作品である。初めてタイトルを見たとき、
 ――――いいねえ――――
 と思った。小説のタイトルを決めるのはむつかしい。私はデビューして間もないころ古手の編集者から、
 「読者の九十パーセントはだれが書いているか、作者で本を選ぶんですよ」
 「そうでしょうね」
 「でも。あなたが松本清張や司馬遼太郎を名のるわけにいかんのです」
 「はあ?」
 「残りの十パーセントはタイトル。魅力的なタイトルをつけなきゃいけない」
 たっぷりとしごかれた。
 あれから四十年、よいタイトルについて私見を述べれば①言葉として整っていること②内容を巧みに暗示していること③読者に"おやっ"と思わせるものを含んでいること、などなどが標準的な条件だろうか。言語表現としてギクシャクしているのはよくないし、内容をあまりにもあからさまに表しているもの、逆に内容と関係の薄いものもいただけない。ほんの少し平凡さを超えるものであってほしい。〈舟を編む〉は右の条件をほとんどすべて満たしている。しかし、
 ――――舟って"編む"ものかなあ――――
 漕いだり造ったりはするけれど……。日本語としてやっぱり正しいものであってほしい、と思ったが、さらに確かめると、これは国語辞典を編む仕事がテーマとなっている作品で、広大な言葉の海を舟で行くことを言っているらしい。ますます、
 ――――いいねえ――――
 と思った。読んでみればまさしく辞書編集のくさぐさ。若い読者が日本語に関心を持ってくれるなら、さらに、
 ――――いいねえ――――
 である。三浦さんは面識のない作家ではない。ご尊父(※)は古事記の権威で、こちらからも私は多くの示唆を受けている。
 ――――しをんさん、いい仕事をなさいましたね――――
 心から拍手を送りながらも、ほんの少し、
 ――――しまった――――
 と悔やまないでもなかった。ありていに言えば、
 ――――このテーマ、私が書きたかったな――――
 こういう感想は時折いだく。実際に書けるかどうかの問題ではなく、わけもなくうらめしい。日本語には私も関心があるし、辞書を創る仕事にも興味がある。私も小説に書いてみたいと……これは、まあ、コロンブスの卵というもの。それにしても言葉の海を舟で行くイメージはすばらしい。
 話は変わるが、舟は人間が一番最初に作った乗り物だろう。陸路はとにかく足で行くことができるが、川や海を行くとなるとどうしても工夫が必要になる。その手段を象形文字で現したらしい。
 舟を歌った詩歌はたくさんあるけれど、私は中原中也の〈湖上〉が好きだ。
 ポッカリ月が出ましたら、
 舟を浮かべて出かけませう。……
 ロマンチックな夜の恋。月と湖が美しい。 (作家)

いま風   金曜日
時字  随想

阿刀田高
 あとうだ・たかし 1935年、東京生まれ。早稲田大学仏文科卒。78年に『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。79年に短編集『ナポレオン狂』で直木賞、95年に『新トロイア物語』で吉川英治文学賞を受けた。2012年4月から山梨県立図書館長を務める。近著に『源氏物語を知っていますか』。

2013年(平成25年)4月26日(金曜日)  夕刊  讀 賣 新 聞


(※)三浦佑之(みうらすけゆき) 1946年、三重県生まれ。 上代文学、伝承文学研究者

三浦しをん(みうら・しをん)
1976年、東京都生まれ。2000年『格闘する者に〇(まる)』でデビュー。
2006年『まほろ駅前多田便利帳』で直木賞受賞。
小説に『風が強く吹いている』『成果を得ず』『神去なあなあ日常』
『小暮荘物語』など、エッセイに『悶絶スパイラル』『あやつられ文楽鑑賞』
『ふむふむ おしえて、お仕事!」など著作多数。
❀三浦しをんの上記略歴は『舟を編む』より転載。
❀三浦しをんは阿刀田高と同じ早稲田大学卒(第一文学部演劇専修)。

中原中也(なかはらちゅうや) 1907年4月29日、山口県山口市に生まれる。詩人。
詩集『山羊の歌』
詩集『在りし日の歌』(1937年9月29日、自ら選んだ詩篇の原稿を小林秀雄に託したが、同年10月23日死去。その翌年4月、創元社から出版された。)


湖上 
中原中也 「在りし日の歌」日本詩人全集22 新潮社 昭和42年7月10日発行より

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮かべて出かけませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂(かい)から滴垂(したた)る水の音は
昵懇(ちか)しいものに聞こえませう、
――――あなたの言葉の杜切(とぎ)れ間を。

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
漏らさず私は聴くでせう、
――――けれど漕(こ)ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮かべて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。


                 
        

さきたま緑道 彫刻プロムナード 12

2013/ 04/ 24
                 
舟を編む 三浦しをん

 小説の帯カバー  
 言葉の海へと舟を漕ぎ出す人びと続出! 
 2012年本屋大賞第1位!
 キノベス!2012第1位!
 2012年日販年間ベストセラー単行本フィクション部門第1位!
 2012年オリコン年間ランキング小説部門第1位!
 大学生協2012年一般書・年間ベスト1!

 裏面に箇条書きで書かれていました。

 帯カバー表面に、 70万部!  
 4月13日 全国ロードショー 出演・松田龍平 宮崎あおい
 などとも書かれていました。

 謝辞
 本書執筆に際し、お力を拝借したかたのお名前をここに記し、深く感謝する。
 作中で事実と異なる部分があるのは、意図したものも意図せざるものも、作者の責任による。

 と、書かれていました。
 この傍線の文章(私がアンダーラインを引きました)が、妙にひっかかっています。
 今夜から読み始めようと思っています。


大地の精  -34-

 万物を育てる大地の生命力、古代人の歓喜の姿などを想像して現しました。
 大地からの力強い息吹を感じて欲しいと願っています。
  松永勉 (徳島県)
大地の精① 松永勉
                 
        

(「舟を編む」制作委員会)

2013/ 04/ 20
                 
舟を編む

 〈あらすじ〉 1995年、玄武書房辞書編集部。監修者の松本(加藤剛)を支える編集者・荒木(小林薫)は間もなく定年を迎える。残るのは編集者・西岡(オダギリジョー)と契約社員の佐々木(伊佐山ひろ子)のみ。荒木と西岡は補充要員として営業部で変人扱いされていた馬締〈まじめ〉光也(松田龍平)を見つけ出す。辞書編集部は、新しい中型辞典「大渡海〈だいとかい〉」編纂に乗り出した。馬締は辞書編集に打ち込む。いっぽう、馬締が暮らす下宿・早雲荘に、女主人・タケ(渡辺美佐子)の孫娘・香具矢(宮崎あおい)が住むようになる。彼女は板前修業中だった。突然の出会いで、馬締は香具矢に強く惹かれて行く。松本は馬締に、「恋」の語釈を書かせる……。

 〈解説〉 三浦しをん作のベストセラー小説の映画化で、地味な辞書編集の仕事を独自の視点で描く。監督は、『川の底からこんにちは』の石井裕也。134分。

 週刊文春 4月25日号 108ページ
                 
        

週刊文春 4月25日号

2013/ 04/ 19
                 
Cinema Chart

舟を編む 

品田雄吉 (映画評論家) ☆☆☆☆
 ・松田龍平が不器用に誠実に生きる人間を静かに好演。共演者たちの分を心得た演技もよいアンサンブルを形成している。

中野翠 (コラムニスト) ☆☆☆☆
 ・辞書作りという地道な仕事の大変さと意外な妙味が過不足なく描かれていて興味深く見られた。松田龍平も静かな好演。

芝山幹郎 (翻訳家) ☆☆☆
 ・煮たり焼いたりを避け、あえて湯煎を選んだ石井裕也の料理術を買う。松田龍平のたたずまいも、その技と調和している。

斎藤綾子 (作家) ☆☆☆☆☆
 ・台詞の間合いの面白さを満喫。映画に入り込んで一緒に辞書をつくっている気分になった。世代に関係なく楽しめます。

おすぎ (映画評論家) ☆☆☆☆☆
 ・手堅い仕上がりになっている。特筆すべきは松田龍平である。私に初めて彼がいい俳優だと思わせてくれました。

☆☆☆☆☆… もう最高!ぜひ見て!!
☆☆☆☆…… 一食ぬいても、ぜひ!
☆☆☆……… 料金の価値は有り。
☆☆………… 暇だったら……。
☆…………… 損するゾ、きっと。
☒…………… 見てません。

                 
        

2012年本屋大賞受賞「舟を編む」

2013/ 04/ 18
                 
舟を編む

 映画は1995年から始まります。
 原作者は、三浦しをんさん。
 ご本人の年代を主人公に重ねているようですから、平成の7年から画面が動き出しています。
 辞典の出来上がるまでの、2010年に出版記念パーティが開かれるまでを描いています。
 (辞典がgoのかかった年から数えるのでしょうね。〈1994年企画が通り〉 1995年、その翌年、そして12年間をいっぺんに飛ばしてからの1年間。その翌年、15年目にして完成・出版という経緯を辿っています。)
 主人公の馬締(まじめ)光也が松田龍平。恋人で後に光也と結ばれる林香具矢に宮崎あおい。
 異動時の上司に小林薫、身近な先輩にオダギリジョー。入れ替わり立ち代わる登場人物に、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛と、豪華キャストが続きます。
 
 全国書店員が選んだ
 いちばん!
 売りたい本
 2012年本屋大賞受賞作が原作ということもあり、今日見てきました。

 原作を読みたいなと思ったのが、映画を見終わったときの感想です。

 そんな言い方では、何を伝えたいのだか、これっぽっちも伝わってこないとお叱りを受けるでしょうね。


さきたま緑道20130409⑩