FC2ブログ
        

眠られぬ夜に 生から死への15章 早坂曉

2020/ 07/ 26
                 

 感受性信仰世界理に落ちる幼き純な道ほど遠く


 01 眠られぬ夜に 早坂曉.


 〈・・・
 考えてみると、信仰は幼い純な心のあいだに植えつけるべきものでしょう。大きくなっては、よほどの苦しみに遭遇しないかぎり、人は信仰の道に入ることは少ないのです。
 大きくなってからの信仰は、理に落ちるところが多い。病気の克服や、欲求の成就を願っての信仰は”利“からの道でしょう。”利”からの信仰は、つまり”理”の信仰でもあります。
 信仰は”理”で入るものではないようです。理屈が先に立つから、信仰の奇跡を疑ったり、笑ったりして、そこでもう躓いてしまいます。
 信仰は、感受性の問題だと思うのです。理でなく、情の世界なのでしょう。
 ・・・〉

 早坂曉は『眠られぬ夜に 生から死への15章』の「あとがき――訂正のために」の中で、次のように記しています。

 〈 ・・・ あたりまえのことですが、死を見つめてみて、やっと生の輝きに気がつきました。生の意味も少し見えてきたようです。心筋梗塞やガンに出会っていなければ、私は相変わらず、明暗のない、平べったい日常を生きていたに違いありません。ですから、私は心筋梗塞やガンに、感謝しているのです。
 いや、少し訂正させてもらいます。しきりと私は、自分がガン患者だと書いてきましたが、実は、私はガンではありません。
 確かに病院で胆嚢ガンと宣告され、胆嚢ガン切除の手術を受けたことは間違いないのですが、腹部を大きく開けてみたら、私の胆嚢は胆砂がつまっている、ただの胆嚢結石であったのです。
 明らかに、病院側の誤診でした。良いほうの誤診でしたので、抗議はしませんでしたが、もし、ガン宣告をされてから手術を受けるまでの一か月近くのあいだに、気弱く自殺でもしていたらと、ぞっとした気持ちになったことも確かです。
 しかし、誤診であっても、私は確実に末期ガンの患者として二十数日を過ごし、まことに得難い体験をさせてもらったことに感謝しているのです。
 ただし、心筋梗塞のほうは誤診ではなく、もう一度発作がきたら死にますよ、と宣告されていますから、いやでも死を視野に入れての生活になっております。厭味ではなく、生きるにはよいロケーションと思っているのです。
 本当のことを言うと、退院してからの毎日は、これが最後の一日になるかもしれない、これが最後の仕事になるかもしれない、これが最後の出会いになるかもしれないと、緊張した生の日々を送り続けたものですから、すっかり疲れ果ててしまいました。
 もっと、肩の力を抜いて、子規さんのように”それでも平気で生きる”ようにしなければと思っています。
もっと眠りを深く――です。
一九九二年八月
                      早坂曉 〉


 『眠られぬ夜のために』はヒルティが書いた本のタイトルです。
 早坂曉は、日々の眠られぬ夜のために、さまざまな著作本を引用して、わが身をなぞらえています。
 『死ぬ瞬間』〈エリザベス・キューブラー・ロス著。読売新聞刊〉では、ガン死を予告された人間は、だいたい五つのステップを経て死に至ると書いてあります。と紹介していますが、私と違っている点が二つあります。本の中の人びとが、アメリカ人であること、そして、キリスト教の信者であることです。 と前もって断り書きをしてからの引用となっていて、少なくとも死に至るステップは判ったのですと括っていますが、

〈 しかし、ロスさんの本は、死に至るステップは教えてくれたのですが、死そのものには触れていません。やはり、まだ私の眠りは浅いのです。〉

と結んでいます。

話はとんとん拍子に展開していきます。
空海の成就から転じてモンテーニュの言葉と葉隠れに及び、そしてビバルディの「四季」に嗚咽。
「李朝の青磁展」には何故行くことができなかったのか、岩城宏之さんの手術の時の覚悟、タカアシガニを見つめているうちに、思いもよらず人間という生きものに生まれた幸運に気付いたことなどを綴っていきます。
 「ⅱ」は、いよいよ、種田山頭火、正岡子規となります。
中江兆民やハイデッカー、フロイトも出て来ます。
 「ⅲ」は、日本で長い間教鞭をとられていたゲーテン教授や井上靖さんの人間世界の言葉の他に、エイズ、オゾン層、酸性雨、地球温暖化など地球規模での「眠られぬ夜」に筆を運んでいます。
「ⅳ」では、かく語っています。

 〈 ・・・ 人間の都合のいい、つまり欲望を満足させる時間と空間をつくり出すものが、”科学” になってしまったと言っていいでしょう。そうして、とうとう地球(自然)そのものを汚染し、破壊するまでになってしまいました。
 もう、必死に人間の欲望を制御するしか、未来は約束されません。そして、その欲望を制御する力は、宗教にしかありません。
 「おびただしい涙が流されたため
  上から下へ、また下から一番上へ
  信仰過多の遊びのせいで、人生がそこなわれ・・・」
 と、ノストラダムスは数多くの宗教があらわれて、かえって人を不幸にすると予言しているのは皮肉なことですが、二十一世紀は、まさに宗教の世紀と言えます。
 ただし、ここでいう宗教は、現世利益を厳しく排除し、欲望を抑えることを標榜した宗教でなくては困るのです。
 なぜなら、二十一世紀は宗教と科学の大決戦の世紀だからです。
 反自然となった巨大科学と戦えるのは宗教しかありません。そして、宗教がもし科学との戦いに破〈ママ〉れることがあれば、間違いなく人類の歴史は二十一世紀で終わるでしょう。
 はたして、巨大科学を打ち倒すほどの力を二十一世紀の宗教が持つことができるのでしょうか。人類の未来、いや、地球上の全生物の未来もふくめて、私たちの未来は”宗教”にゆだねられているようです。・・・ 〉



                 
        

遠藤周作 影に対して 読みました! 三田文學 夏季号 2020

2020/ 07/ 14
                 

 母の影思い起こすか今にして

 影に対して 遠藤周作.


 三田文学会〈差出発送代行佐川急便〉より、ゆうメールで、「三田文學 夏季号 2020」(2020年8月1日発行)が届いたのが、2020年7月13日の月曜日でした。
 早速、遠藤周作の未発表作品『影に対して』のページをめくりました。原稿用紙104枚の小説ですので、あっという間に読み通すこととなりました。

 三田文學 夏季号 表紙.


 彼をして宗教を排除して母を語ることについて、その生い立ちを覗き見るに、父への長い間の心の葛藤という深い闇が影を落として語るという小説であるがゆえに、さもありなんとぞ思うに至りました。
 遠藤周作の両親の離別は、彼が10歳の時で、その4年後に離婚届けが出され、そしてその3か月後に16歳年下の女性と父親(40歳)との婚姻届けが出されています。〈引用:加藤宗哉氏〉
 多感な14歳と義母の年齢差は僅か10歳。

 小説『影に対して』の影は、主人公勝呂の母親に対するエディプスコンプレックスの概念から遠心分離された、ドストエフスキー文学に刻まれた教唆のモチーフ、謎の「父殺し」という原罪にまでをなぞった習作であったというのは、ひとつ穿ちすぎでありましょうか。

 原罪までに辿り着くと、そこには宗教というものは避けて通れなくなります。
 例え作家自身が表層意識で意図していなかったとしても、あながち、遠藤文学のキリスト教小説の萌芽を想起させてもおかしくない初期作品と言えなくもないのかも知れません。
 

 ちなみに『影に対して』は、町田に転居した1963年3月以降〈引用:川﨑友里子氏〉の作品と思われますが、『沈黙』は1966年、『死海のほとり』と『イエスの生涯』は1973年、そして『深い河』は1993年に発行されています。


 今回、『影に対して』は、三田文学会に直接購入申し込み手続きをしたおかげで、重版ではない「三田文學 夏季号 2020」〈第99巻 第142号 夏季号 2020年8月1日発行〉を手にすることができました。

 三田文學 夏季号 奥付.j


 7月12日の「Honya Club」と「Amazon」の公式サイトには、『影に対して』の本は、現在ご注文いただけません。となっていました。
 7月13日の「Honya Club」は、前日と同じ、現在ご注文いただけません。と表示されていましたが、「Amazon」では、2件の4980円が検索されました。


                 
        

早坂曉 『日本の名随筆別冊21 巡礼』などなど

2020/ 07/ 09
                 

 招き猫公園通り花へんろ早坂曉読む道深し


『公園通りの猫たち』、『嫁ぐ猫 公園通りの猫たち、それから』のエッセイから読み始めた早坂曉本。
 早坂曉が編した『日本の名随筆別冊21 巡礼』は、26人の随筆が載っています。


 日本の名随筆別冊21.


 一番最後を飾っているのは、氏の「春子の人形」です。兄妹として育てられた春子のことをわずか6ページの行間に、筆を抑えてたんんたんと書いてあることに深く心を打ちました。

  鈴木剛と細川将共著の「日本回教徒のメッカ巡礼記 抄」など、一つひとつが身に染入る文章となっています。
 

  『日本の名随筆別冊21 巡礼』 編者:早坂曉
  発行所:株式会社作品社.2004年2月10日第4刷発行.定価1890円〈本体1800円+税5%〉 ☆購入額1980円.

 四国遍路日記 抄 …… 種田山頭火  7
 にはかへんろ記 …… 久保田万太郎  18
 へんろう宿 …… 井伏鱒二  45
 納経 「田舎土産」より …… 上林 暁  49
 娘巡礼記 三十九~四十三 …… 高群逸枝  51
 讃岐から阿波へ …… 円地文子   62
 母娘の四国遍路旅 …… 横田不二子
 たたり ……  柳原和子  85
 生の重さ背負いて往くへんろ杖 第二十九番~第三十四番 ……
   西岡寿美子  91
 団蔵入水/さいごの舞台 …… 時実新子 105
 海 …… 尾崎放哉 110
 思想と男性を遍歴した青春 …… 平林たい子 114
 西国三ヵ所 …… 藤枝静男 133
 西国巡礼 …… 西脇順三郎 137
 青岸渡寺 第一番 …… 杉本苑子 143
 古寺巡礼の文学者たち …… 磯田光一 148
 聖林寺から観音寺へ …… 白洲正子 155
 私の旅 …… 中世の旅 阿部謹也 172
 馬上三日の旅 エルサレムよりナザレへ …… 徳富蘆花 177
 サンチャゴ巡礼 …… 小川国男 188
 日本回教徒のメッカ巡礼記 抄 …… 鈴木剛・細川将 195
 人里風土記 四国路の春 …… 三浦哲郎 214
 僕のいる絵葉書 抄 …… 永六輔 225
 遍路幻想 『遍路まんだら』プロローグ …… 村上護 231
 春子の人形 …… 早坂曉 242

 あとがき


                 
        

早坂曉 空海 一番高い買い物でした!

2020/ 07/ 07
                 

 空海は経年ヨゴレ初版本定価六倍シナリオ本とは

 空海


 小説ではなかった『空海』。
 東映映画『空海』は、1984年(昭和59年)4月14日に公開されました。
 空海は北大路欣也、最澄は加藤剛。
 スクリーンに映し出される顔ぶれは、小川真由美、西村晃、滝田裕介、中村嘉葎雄、西郷輝彦、室田日出男、丹波哲郎、森繫久彌等々。懐かしい方々のお名前も。


                 
        

文豪たちの口説き本 10章それぞれに

2020/ 07/ 04
                 

 口説かれる女心に文句ある

 躊躇わず口説き文句の一つや二つ


 文豪たちの口説き本


 遥かな尾瀬。
 小学六年生か中学一年生の頃だったかと思います。
 三鷹の叔母が、尾瀬に行きたいというので、父が手配した施設に何日かの泊りがけで家族一緒に出かけました。
 バスを降りてからは、上り道が延々と続きます。一行の歩く速度がだんだんと遅くなっていきます。そんなメンバーをかまわず後ろに残し、私は一人どんどん先に進みました。
 見晴らしの良いところに出ました。
 眼下の眺望に圧倒された私は思わず両手を口に当てて、叫んでいたのです。
 女心と秋の空!
 不意に私の背後から声がかかりました。
 男心と秋の空! だよね! と、娘さんと思われる女の子を見やりながらの女性の姿がそこにありました。
 お母さんも、そして私と同い年くらいと思われた娘さんもニコニコ笑っていたのを、今でも鮮明に思い出すことができます。



 『文豪たちの口説き本
  〈2020年7月22日第1刷.編者:彩図社文芸部.発行所:株式会社彩図社〉

 10章からなる口説き本です。
 太宰治の章、
 中原中也の章、
 芥川龍之介の章、
 萩原朔太郎の章、
 石川啄木の章、
 斎藤茂吉の章、
 梶井基次郎、
 中島敦の章、
 国木田独歩の章、
 そして、
 谷崎潤一郎の章。

 小説家は、太宰と芥川と梶井基次郎、中島敦と国木田独歩と、それに谷崎の六人。
 詩人が、中也と朔太郎と啄木の三人。
 家人は斎藤茂吉の一人。
 そういえば、茂吉は北杜夫の父君でしたね。

 ここに名前の挙がっている文豪諸氏は、一時代前の皆さんです。
 現在活躍されている人気作家の口説き文句あれこれを紐解いてくださる方の出現を待ちわびています。