FC2ブログ
        

小江戸川越春まつり 川越藩火縄銃鉄砲隊

2018/ 04/ 04
                 
 「鉄砲隊」。
 日本全国で、「火縄銃」と名が付く保存会は6つあります。
 「川越藩火縄銃鉄砲隊」もその一つです。
  「火縄銃」の名はつけられていませんが、「鉄砲」を冠した「隊」、「組」、「衆」や、「・・・古式砲術」、「・・・大術」「・・・研究会」などの名称のもとで、合わせて60の団体が活動しています。
    
  
 「川越藩火縄銃鉄砲隊保存会」が使用している28丁の火縄銃および50を超える甲冑は、全て日本古来のものを使用(〈※〉)しているとのことでした。

(注記〈※〉:
《…江戸時代の甲胄武具及び火縄銃の保存と、歴史的文化の継承である火縄銃鉄砲隊を組織し、甲胄を着用し本陣20名槍組10名鉄砲組20名からなる隊で、鉄砲隊の演武でなく1つの隊列を作り演武をしています。演武を通じ、日本固有の武道を普及し伝承する事と小江戸川越市に寄与する事を目的として、平成8年3月に創立し現会員数80名、火縄銃28丁28名〈以下略〉…≪資料出処:「全国火縄銃大会(2009年1月10日記事)」》


   261 小江戸川越
 
 先ずは出陣式を執り行います。

239 出陣式 川越市役所


 いざ、出陣! 法螺貝の勇壮な音が響きます。

257 法螺貝.



 演武は三つの演目があります。

川越半火縄銃鉄砲保存会


 一つ、『一音放ち』。
 「放て!」の号令で射手が一斉に立ち放しを行います。
 会場にあわせ、直線、ほうしなどの隊列で発砲します。

 一つ、『つるべ放ち』。
 「放て!」の号令で一番目の射手が発砲し、その発砲を聞いた次の射手がタイミングをおいて発砲・・・順次隊員が発砲するスタイルです。

 一つ、『三段・逆三段放ち!』。
 全体をグループ分けし、一番隊、二番隊、三番隊と名付け、「一番隊放て!」、「二番隊放て!」、「三番隊放て!」の号令で、隊毎に一斉放しを順番に行います。
 逆三段は、発砲隊順序を逆から行います。

発砲


 ドン!ドン!ドン!と、これだけずらっと並んだ隊列から連射される鉄砲の音。
 ずっしりと耳とお腹に響いてきます。

 
 関東甲信越の「鉄砲隊」。
 埼玉は川越の一つ、近隣では群馬、茨城、千葉に各一つ、神奈川に二つ、東京と長野にそれぞれ四つの鉄砲隊があります。
 地域ならではの鉄砲隊の出番のあるところ、さぞや賑わうことでしょう。
 鉄砲隊の出前先でも、大変人気を博していると聞き及んでいます。



                 
        

小江戸川越春まつり  小江戸川越・江戸の日

2018/ 04/ 02
                 
 蔵造りの町並みは、川越市一番街商店街です。

246川越一番街



 小江戸・川越の日の三月三十一日、「春夏冬 二升五合市」が開かれました。
 ご存知の通りです、「あきない ますますはんじょうイチ」ですね。

商い繁盛


 江戸時代にタイムスリップしたかのように、町人に扮した百名を超える店員さんたちが、観光客を出迎えていました。
 和楽器演奏、時代劇の寸劇など、様々な催しは見飽きることがありません。

83 和楽器演奏


94時代劇その2


91江戸日本髪



 一年に一回限りの一番街を楽しむことができました。

212服部民俗資料館

 
  和服姿の見物客の皆さんもそぞろ歩いていました。
95和服姿観光客


  「時の鐘」は、午前六時、正午、午後三時、午後六時の一日四回聞くことができます。
89時の鐘



  この日は小江戸川越春まつりの初日です。
 市役所で「川越藩火縄銃鉄砲隊」の出陣式が行なわれ、その後は隊列を整えて各街並みを行進しました。
  (次回にツヅク・・・)




                 
        

小江戸川越春まつり初日 「割烹 佐久間」店仕舞い 

2018/ 04/ 01
                 

《弊社は創業以来百三十年余 皆様のお引立てにより営業を続けてまいりましたが、
諸般の事情により三月三十一日をもちまして閉店することになりました。
これまでの皆様から賜りましたご厚情に対しまして心より感謝申しあげます。
 (2018/02/26 割烹 佐久間)》


割烹 佐久間 ロゴ 33

割烹 佐久間 111


          小江戸 川越 ロゴ

割烹旅館 佐久間 
  割烹旅館 佐久間 明治27年(1894年)創業


割烹 佐久間 123
  割烹 佐久間 平成30年(2018年)3月31日


山口瞳画
 山口瞳画(川越キリスト教会)


川越キリスト教会
 川越キリスト教会(2018年3月31日)



     割烹 佐久間 ロゴ


1

2

3

4

5


                 
        

川越の春 新河岸川の桜

2018/ 03/ 31
                 
 2018年の小江戸川越春まつりは、3月31日から5月5日まで開催となっています。
 
 川越城本丸御殿のスタッフの方から、氷川神社の先、新河岸川沿いの並木の桜が見事に咲いていますよ。とお声をかけていただきました。


7 花びら


   10 花びら


   4 桜

   3 桜


1-2 桜




11 花びら


                 
        

小江戸川越・江戸の日 2018年3月31日(土) ウナギ屋

2018/ 03/ 26
                 
 埼玉県川越市の「一番街」。
 蔵造りの町並みが続きます。

  この3月31日の土曜日に、江戸時代にタイムスリップするイベント「小江戸川越・江戸の日」が行われます。
 主催は「川越一番街商業協同組合」で、2016年から始まりました。今年は約40店舗が参加、約100人の店員らが、町民や商人の衣装を着て、男性はちょんまげ、女性は日本髪を結ってお出迎えします。農家などに扮して、通りでは大八車で野菜の直売をします。

 当日は「小江戸川越春まつり」(5月5日まで開催)の初日で、会場では甲冑姿の「川越藩火縄銃鉄砲隊」の演舞などが披露され、街角では劇団員による時代劇が上演されます。江戸時代の川越城下古地図の復刻版なども販売されるとのことです。

 江戸の特別メニューは、みそを煮詰めたつゆ「煮貫(にぬき)」のそばや、江戸前すし、芋のおこわが用意されていますが、ウナギ屋が「一番街」に見当たらないので、ウナギメニューは揃えてないようです。

 そのウナギですが、川越にはウナギを食べさせるお店がたくさんあります。

 創立116年の伝統を持つ「川越料理店組合」に加盟している、ウナギ料理を専らにしているお店は、5店舗です。
 ・①「小川菊」 (おがきく・1807年〈文化4年〉創業)
 ・②「川越いちのや」 (1832年〈天保3年〉創業)
 ・③「東屋」 (1868年〈明治元年〉創業)
 ・④「深井屋」 (開業年、未記載)
 ・⑤「うなっこ」 (開業年、未記載)

 ・⑥「いも膳」、・⑦「割烹 徳川」もウナギメニューが揃っています。


 ・⑧
 「割烹 佐久間」が、3月31日に124年の歴史の幕を静かにおろします。明治27年(1894年)創業の割烹旅館でしたが、近年旅館業は休業していました。遠く明治の島崎藤村や、昭和の山口瞳などの文人墨客、陸軍、海軍の将官、政治家、政府高官の宿として、また皇族宮様の御宿としてその名の知られた老舗の割烹旅館でもありました。
 「奥の間」は国の登録有形文化財に指定されています。昭和56年(1981年)、中原誠名人と桐山清澄八段の名人戦対局もこの部屋で行われました。

  佐久間 創業時(明治27年)の建屋
   (「割烹旅館 佐久間」 創業明治27年)

  山口瞳画 昭和55年 佐久間前の教会水彩画
   (山口瞳画 昭和55年 「割烹旅館佐久間」前の教会)

  佐久間 「奥の間」
  (「割烹旅館 佐久間・奥の間」)




 話を前に戻しましょう。
 川越のソバ屋のことは次回に譲ることにしまして、引き続き、ウナギ屋の話しです。
 「川越料理店組合」に加入していないウナギ屋もまだまだあります。
 ・⑨「小川藤」 (おがとう・1923年〈大正12年〉創業)
 ・⑩「うな吉」 (開業年、未記載)
 ・⑪「ぽんぽこ亭」 (開業年、未記載)
 ・⑫「川越いちのやアトレ店」 (開業年、未記載)
 ・⑬「林屋 川越店」 (2010年〈平成22年〉オープン.栃木に本店)
 ・⑭「大穀 川越店」 (1967年〈昭和42年〉創業)
 ・⑮「大穀川越菓子屋横丁店」 (2016年〈平成28年〉7月15日オープン)
 ・⑯「笹船」 (開業年、未記載)
 ・⑰「うなぎ 茶屋ひろ」 (開業年、未記載)
 ・⑱「たち花」 (開業年、未記載)
 ・⑲「車屋 川越」 (開業年、未記載)
 ・⑳「うなぎ 川ばた」 (開業年、未記載)

 ウナギを食べさせるお店がこんなにたくさんあったなんて、吃驚仰天です。
 (もし見落としがありましたらゴメンナサイ  ・・・  )



 ◇店舗紹介 
  (「うな重予算」は、当該店舗公式サイトに記載された額。うな丼のお品書きがあるところないところ、様々です。ひつまぶし、白焼きなどのメニューも散見されました。
   ・必ずしも最新情報とは限らず、公式サイトが更新されていないケースも想定内にしておいた方が無難と思われます。
   ・〈 年 月〉で記されている額は「食べログ」等で写真掲載されたものを引用。)
   ・できることなら予約して暖簾をくぐることをお奨めします。何れにせよ、クイッパグレは避けたいでものです。

 ・①「小川菊」(おがきく)   
    川越市仲町3-22
   Tel. 049-222-0034 
   営業時間 11:00~14:00 16:30~19:30(L.O.19:00)
   ※売切れ次第閉店・・・
   定休日 木曜日
   (祝祭日を除く)・不定休あり
    席数 50席
    駐車場 3台(裏手)
    要確認鰻重予算/1人:2,850円~4,500円(?税)

 ・②「川越いちのや」
    川越市松江町1-18-10
    Tel 049-222-0454
     (予約 050-5868-8349)
    営業時間 11:00~21:00
    定休日 年中無休
    席数 300席
    駐車場 40台
    要確認鰻重予算/1人:3,200円~5,950円(?税)
 
 ・③「東屋」
    川越市西小仙波町1-16-1
    Tel 049-222-0757     
    営業時間
     11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~21:00(L.O.19:30)
    ※仕込みに限りがあるため要予約
    定休日 木曜日
     席数 30席
     駐車場有(お店の裏手に10台[砂利] )
     要確認鰻重予算/1人:2,800円~4,100円(?税)

 ・④「深井屋」
    川越市仲町2-8.
    tel 049-226-9666 
    営業時間11:30~14:30 ※売り切れ次第終了
    定休日 不定休(基本的に月曜日)
    ※月曜日が祭日の場合は営業.他の日に休み振替
    席数32.
    駐車場無し(川越商工会議所の駐車場が利用可能)
    要確認鰻重予算/1人:2,900円~3,900円(税込)
    
 ・⑤「うなっこ」
    川越市元町2-10-6 
    tel 049-228-0567
    営業時間 11:00~売り切れるまで  ( ※夜は予約のみ)
    定休日 火曜日
    席数 40席
    駐車場 無
    要確認鰻重予算/1人:1,300円~2,350円(?税)

 ・⑥「いも膳」
    川越市小室15-1
    Tel 049-243-8551
    営業時間 11:30~20:00
    定休日 火曜日
    席数 96席
    駐車場 15台
    要確認鰻重予算/1人:いもうな重2,300円(?税)

 ・⑦「割烹 徳川」
    川越市小仙波町1-21-4  
    Tel 049-223-0315
    営業時間 11:00~14:00.17:00~21:00
    定休日 水曜日
    席数  要確認
    駐車場 要確認
    要確認鰻重予算/1人:〈2010年8月〉1,575円(?税)

 ・⑧「割烹 佐久間」
    川越市松江町2-5-4  
    Tel 049-224-0012 (念のため予約を…)
    営業時間 11:00~21:00
    定休日 不定休〈要確認〉
    席数 要確認
    駐車場 20台
   要確認予算/1人:
    平日〈月~金〉12:00~14:00  「ランチ弁当」(税別)
     ・六角二段弁当 2,500円
     ・提灯弁当 3,500円
     ・松花堂長手弁当 5,500円
     ※「鰻料理」は、お品書きに載っていませんでした。
   
 ・⑨「小川藤」(おがとう)
    川越市松江町2-3-1
    tel 049-222-0643
    営業時間 11:30~15:00(L.O.14:45)
    定休日 火曜日
    席数  36席
    駐車場 コインパーキングと提携(1時間無料)
    要確認鰻重予算/1人:1,900円~3,600円. ・肝吸い+100円.?税)
    
 ・⑩「うな吉」
    川越市宮元町35-1
    tel 049-224-4588
    営業時間 11:00~22:00
    定休日 水曜日
    席数 要確認
    駐車場 有(要確認)
    要確認鰻重予算/1人:
        〈2017年5月〉2,600円~2,950円(税込)

 ・⑪「ぽんぽこ亭」
    川越市藤間151-7
    tel 049-243-5450
    営業時間 11:00~20:45
    定休日 水曜日・夏季(7日間)・年末年始(3日間)
    席数 119席
    駐車場有/60台
    要確認鰻重予算/1人:1,800円~4,600円(税別)

 ・⑫「川越いちのやアトレ店」
    川越市脇田町105
    アトレ川越7階レストラン街
    tel 049-226-7072
    営業時間11:00~21:00
    休業日 アトレ川越に準じる
    席数 要確認(団体は20名まで受付)
    駐車場 要確認(「アトレ」駐車場利用)
    要確認鰻重予算/1人:
        〈2017年10月〉2,750円~5,330円(?税)

 ・⑬「林屋 川越店」
    川越市仲町2-4
    Tel 049-226-3058    
    営業時間 11:00~18:00ラストオーダー
    定休日 要確認
    席数  要確認
    駐車場 要確認
    要確認鰻重予算/1人 
        〈2018年2月〉3,080円~4,520円. ・肝吸い+220円. ?税)
   
 ・⑭「大穀 川越店」
川越市砂新田103
Tel 050-5868-4359
    営業時間 ランチ11:0015:00 ~21:00(L.O)
   定休日 無休
    席数 100席
    駐車場 要確認(未記載ですが、席数との相対関係を見
        ると有ると思われます。) 
    要確認鰻重予算/1人:1,790円~4,150円(税別)

 ・⑮「大穀 川越菓子屋横丁店」
川越市元町2-9-24
Tel 049-224-5055 予約 050-5868-4359
    営業時間 11:00~21:00
   定休日 水曜日
    席数 53席
    駐車場 無(近隣にコインパーキング有り) 
    要確認鰻重予算/1人:1,790円~4,150円(税別)

 ・⑯「笹船」
川越市六軒町2-16-12
Tel 049-222-2641
    営業時間 ランチ11:00~14:00 17:00~20:30
   定休日 月曜日
    席数 要確認
    駐車場 要確認 
    要確認鰻重予算/1人:
     〈2017年5月〉1,950円~4,700円(?税)

 ・⑰「うなぎ 茶屋ひろ」
川越市今福1738-2
Tel 049-245-8567
    営業時間 ランチ11:30~15:00 17:00~21:30
   定休日 月曜日
    席数 要確認
    駐車場 10台位(要確認) 
    要確認鰻重予算/1人:
      〈2017年3月〉2,850円~3,900円~(?税)

 ・⑱「たち花」
川越市福田1000番地
Tel 049-225-0851
    営業時間 11:30~15:00 17:00~2200 
   定休日 不定休・月曜日
    席数 160席
    駐車場 50台
    要確認鰻重予算/1人:松2,950円(税別)

 ・⑲「車屋 川越」
川越市古市場598-1
Tel 049-235-8077
    営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
   定休日 水曜日
    席数 要確認
    駐車場 有(台数要確認) 
    要確認鰻重予算/1人:
       〈2016年7月〉2,370円~3,090円~(?税)

・⑳「うなぎ 川ばた」
川越市笠幡4522-6
Tel 049-233-2850
    営業時間 要確認
   定休日 要確認
    席数 要確認
    駐車場 要確認
    要確認鰻重予算/1人:
       〈2014年4月〉2,200円~2,700円(?税)