FC2ブログ
        

 御朱印帳に貼った御朱印を剥がすことができました ノリの剥がし方・・・

2018/ 10/ 18
                 

  『奉祝 天皇陛下御即位三十年』の神社めぐりの都度、御朱印を一つの御朱印帳に貼っていました。
  御神体の御朱印を拝受できる神社もありましたので、ついつい両方の御朱印を同じ御朱印帳に用いてしまっていたのですが・・・

 やはり、「天皇陛下御即位三十年」の御朱印と「御神体」の御朱印は、別々の御朱印帳に区分けしておくべきだったと遅ればせながら思い・・・
 一度貼った御朱印を、どうやって剥がそうか・・・と、あれこれ思案しました。
 ・・・紙(御朱印帳)と紙(御朱印)は糊で貼ってあります。
・・・ ネットであれこれ検索したところ、2~3時間冷凍してから剥がすと、綺麗に剥がれるという記事が目に留まりました。
・・・ 早速トライしてみたところ、見事に剥がれたのです。

 御朱印帳は5冊ありますので、カテゴリ別に使うことにしました。


                 
        

1200万本のコスモス 荒川河川敷6.3ha 鴻巣のコスモスフェステイバル

2018/ 10/ 17
                 

 10月27日(土)、28日(日)の2日間開催される、「コスモスフェステイバル」(鴻巣市明用636-1.コスモスアリーナふきあげ付近)。〈無料駐車場500台〉

 コスモスの開花状況をみてきました。
 行く道すがら、荒川堤の上空にオオタカが二羽舞っているのを見かけました。

 会場の片隅で、今が旬の枝豆を収穫することが出来ました。(2本100円。アンケートに答えると更に1本採ることができます。)

 今が旬 枝豆の収穫できます。2本100円



 会場に咲いているコスモスの種類は3つ。
 ブライトライト混合、キャンパスイエロー、そして、ピコティです。

 ③ブライトライト混合.

 ④キャンパスイエロー

 5ピコティ.



 晴れている日にコスモスを撮ると見栄えがいいのですが、きょうは生憎と曇り空でしたので、イマイチの花の写真となりました。

 
 ディサービスセンターの車が3台並んでいました。 混雑するフェステイバルの日を避けてのコスモス見物です。

 2-2 ディケア


                 
        

天皇陛下御即位三十年記念 神社めぐり 中新田 愛宕神社

2018/ 10/ 16
                 

 平成30年10月14日の日曜日、二つの愛宕神社めぐりをしてきました。
 中新田 愛宕神社は、10月4日(10:00~15:00)のみ御朱印受付となっています。

  中新田 愛宕神社 御朱印



 人の動きは途絶えることがありませんでした。
 臨時の駐車場も含め、車の出入りがとても多かったのが強く印象に残りました。
 
・主祭神:
  迦具土命〈加具突知命(かぐつちのみこと・火の神)〉
  素戔嗚尊(すさのおのみこと・武勇の神)
  勝軍地蔵(しょうぐんじぞう・軍の神)   
・御神徳:開運厄除・他
・ご神紋:三つ巴.

 4-2中新田愛宕神社 ご神紋



・鎮座地:埼玉県狭山市中新田145
 

 4-3 中新田愛宕神社



  (中新田)「愛宕神社 社殿 新築記念碑」


  当社愛宕神社は、その創建については不詳である。
 中新田の開拓は、慶長年間(西暦1650年頃)に始まるが、おそらくはその後、この土地の住民の守護神として、京都の愛宕神社を勧請し祭祀したものと思われる。
 天明年間(1781年4月2日‐1789年1月25日)の古文書には、既に大日堂(現在の集会所)と愛宕神社の記載がある。
 祭神は、加具突知命(カグツチノミコト・火の神)、素戔嗚尊(スサノオノミコト・武勇の神)、 勝軍地蔵(ショウグンジゾウ・軍の神)の三神を祀る。
 以来、永く当地の住民及び近隣の人々の篤い崇敬をあつめて来たが、社殿の老朽甚だしくなるに及び、氏子並びに信者の篤志を集め、茲に社殿とその付属するものを再建した。
  平成四年四月二十四日
 愛宕神社例大祭の日にその竣工を祝い、之を誌す。
                 氏子中

 
 埼玉県神社庁発行の、『埼玉の神社 入間・北埼玉・秩父』による、「中新田愛宕神社」(406ページ]の「歴史」に、
 《 当地は、『風土記稿』には、「堀金・今福二村の中間に有て最後年に新墾せし処なれば、中新田の名は起りしと云」とある。
 本市域一帯の村々の開発は天正18年(1590年)7月小田原北条氏が滅び、同年8月徳川家康の関東移封以後に始まり、寛永16年(1639年)松平信綱が川越城主となり新田開発を奨励して村高は急増を見る。堀兼・今福も共に承応年間(1652年9月18日‐1655年4月13日)に開墾された所で、その後の『元禄郷帳』に堀兼・中新田の二カ村が載ることから、承応から元禄年間にかけて当所は一村をなしたと考えられ、当社の創立も開拓にかかわるものと推測される。
 当社は、往時から村の鎮守として、中新田中央の高知に鎮まっていたが、・・・》
 と、記しています。


                 
        

二つの神社めぐり 二つの手打ちそば屋  七五三

2018/ 10/ 15
                 

 七五三のお参りは、一般的には11月15日ということですが、近年、日付に拘らず御祈祷されることが多くなっているようです。
 この日、10月14日の日曜日、愛宕神社(入間市豊岡3-7-32)でも、(予約されていたであろうと思われる)皆さんが、ほどほどの時間の間隔をおいて、ご家族揃って参詣されていました。

 3 七五三 愛宕神社.

 

 愛宕神社で御朱印を拝受し、中新田愛宕神社(狭山市中新田145)に向かう途中、手打ちそば処を見つけました。
 「手打そば 甚作」(狭山市入間川1430-162)です。

    「橘・手打そば 甚作」
  1 橘



 中新田愛宕神社で御朱印を拝受し、この日予定していた通り、「川越 はすみ」(川越市小仙波町2-15-10)で手打ちそばを頂きました。
 この日のランチは、そばのはしごとなりました。

    「蕎麦の花・川越 はすみ」
  2 蕎麦の花




 愛宕神社の神紋は、「丸に一文字」と「三つ巴」です。
 中新田愛宕神社の神紋は、「三つ巴」です。


                 
        

第17回 こうのす 花火大会  自宅の2階から

2018/ 10/ 14
                 
 
 このところご無沙汰している、こうのす花火大会。
 夕飯を食べているときに、ドカーン、ドカーンという連続音。
 10月13日(土)は、17回目のこうのす花火大会の開催日でした。 

 2階に上がって荒川の糠田橋方面をみたところ、屋根と屋根の間から打ち上げ花火が顔を出していました。

 三尺玉を撮り損なって、フィナーレを飾る四尺玉も、打ち上げ直後と、花開いた後の写真しか撮れませんでした。

 17-7



 でも、まあ、自宅から撮った記念写真ということにはなりますので、ブログにアップしておくことに致しました。

 17-1